【画像】上白石萌音の両親の職業や年齢が気になる!父はメキシコ在住の教師で母は元音楽教師!

上白石萌音さんは女優や声優、歌手としても活躍しています。

大活躍している上白石萌音さんのご両親はどのような方なのでしょうか?

上白石萌音さんの両親について調べました。

目次

上白石萌音の父はメキシコ在住の教師【画像】

上白石萌音さんの父親のプロフィールはこちら!

  • 名前:上白石修
  • 年齢:56歳(2021年)
  • 職業:社会科の教師、研究者
  • 呼ばれ方:おとうちん

上白石萌音さんの父親は、鹿児島県の中学校で社会科の教師をする一方で、テレワークやネット学習の研究もしているそうです。

  • 1999年:「第15回日本教育工学会全国大会」で、研究奨励賞を受賞
  • 2004年:「遠隔での討論学習についての論文」をCiNii ArticlesのHPで発表
  • 2005年:東京書籍株式会社が主催している東書教育賞で「電子メールを活用した遠隔地「岩手県」との交流学習」という論文で「第21回東書教育賞 中学校B部門奨励賞」を受賞

上白石萌音さんが8歳だった2006年からメキシコに渡り、2008年までメキシコの日本学校で教師をしていました

家族全員で3年間、メキシコで生活したそうです。

メキシコでの生活の詳しい様子はこちら↓

上白石萌音はハーフではなく帰国子女!生い立ちやハーフと言われる理由4つを検証!

父親とのエピソード

上白石萌音さんのお父さんはどのような方なのでしょうか?

調べたところ、厳しさの中に愛情がたっぷりと詰まった方のようです。

3月27日に放送されたトーク番組「A-Studio」(TBS系)に出演した際、父親について語っていました。

https://twitter.com/tea_sum3079/status/1233553483166441472
両親がとても厳しかった上白石家…

髪を乾かずにずっと遊んでいた上白石萌音さんを外にだしたそうです。
冬だったのでマフラーでぐるぐる巻にしたとか。

しつけをしながらも風邪を引かないようにという愛情が伝わりますね。

番組に出た際、父親が上白石萌音姉妹の日記を、姉妹に確認せずに番組に提出してしまったというエピソードもありました。

上白石萌音さんは後日、
「いまだに私たち根に持っていて。一悶着ありました。平和なやつですけどね。何やってんのお父さんみたいな感じで」

「親に物申すことのない人生送ってきたんですけど、今回ばかりはお父さんにどういうこと?っていうふうには言いました」と話しています。

厳しい父親で幼い頃から口答えはあまりしてこなかったようです。

しかし親子の仲はよく、何でも話せる仲なのではないでしょうか?

上白石萌音さんの日本酒が好きは、お父さんの影響。

父親から影響を受けるくらい仲がいいようですね。

上白石萌音の母は元音楽教師【画像】

上白石萌音さんの母親のプロフィールはこちら!

  • 名前:上白石孝子
  • 年齢:55歳(2021年)
  • 職業:元音楽教師で、ピアノ指導者

上白石萌音さんの母親は、中学校で音楽を教えていた元教師で、現在は自宅でピアノ教室の講師をしています。

その他にも、講演会などもしているとか。
2018年11月5日に鹿児島県串木野市の小学校で講演会をしている様子が公開されていました。

母親とのエピソード

上白石萌音さんの母親は、愛情のある厳しさを持った方

過去のインタビューで上白石萌音さんは母親のことを語っていました。

とっても厳しい親ですが、愛情のある厳しさで。絶対に、私たち姉妹を見放したりしない

オーディションに落ち続けていた時も、
「何事もご縁。それまでは自分を磨けばいい」

役を頂いている状況でも、風向きが良い時、人は恩を忘れてしまうから、絶対に忘れてはいけないと、
いつも冷静でいてくれます。

第42回日本アカデミー賞の新人俳優賞を頂いた夜、浮つかないように」とも言われました。

心に響く素晴らしい言葉を母親からもらったようです。

現在、上白石萌音さんが多くの人に愛されているのは、母親からの教育のおかげかもしれませんね。

胎教から音楽に触れていた

上白石萌音さんの母親は、上白石萌音さんがお腹にいるときからずっと、歌を聴かせたり、ピアノを弾いたりしていたとか。

生まれたあとも、歌をよく歌っていたそうです。
さすが元音楽教師。

上白石萌音さんも3歳の頃からピアノをはじめました。
しかし母親のレッスンが厳しく、小1のとき断念してしまったとか。

その後、再び中学2年生のときピアノを再開しています。

ピアノを弾くことは好きだったようですね。


映画「羊と 鋼の森」の撮影の時にも母親からピアノを教わり、撮影に挑んだそうで、上白石萌音さんは母親のピアノの腕前を信頼しているのでしょう。

名付けも音楽好きな母の影響

上白石萌音さんの名付けにも母親の音楽好きが関係しています。

音楽を好きになって欲しいとの願いを込めて、娘2人の名前に「音」「歌」を入れたそうです。


また、両親ともにクロード・モネの絵が好きだったことも影響しているとか。

実家には、ひまわりが咲き誇る庭をモネの息子が歩いている《ヴェトゥイユの画家の庭園》のレプリカも飾ってあるそうですよ。

上白石萌音さんは両親の願い通り、音楽が大好きで、歌手としても活躍しています。

両親の願いが届いたようですね。

女優の道も母親のすすめ

上白石萌音さんがミュージカルスクールに通うきっかけも母親だそうです。


ピアノを弾いているときに歌ったり踊ったりすることを楽しんでいる姿をみてすすめたのだとか。


上白石萌音さんが通っていたスクールは、地元で有名な「マリアミュージカルアカデミー」。


スクールの先生のすすめで、「東宝シンデレラオーディション」に応募し入賞。
東宝芸能に所属し芸能界に入りました。


母親のすすめでミュージカルスクールに通っていなければ、現在の上白石萌音さんはいないかもしれません。


上白石萌音さんにとって母親は、厳しくもあり、愛情深く見守ってくれる存在のようですね。

上白石萌音の両親からの教育

上白石萌音さんの両親はともに教師だったこともあり、厳しく教育していました。

  • 人を大切にするということを心がける
  • うそをつくな
  • 学業優先

学校の教師らしい教えですね。

上白石萌音さんは芸能活動をしながら、大学にもしっかりと通い、両親の教え通りしっかりと勉強をしていたそうです。


上白石萌音さんの家族は厳しいだけでなく、暖かさもある仲の良い家庭。

年越しの瞬間に全員でジャンプするのが恒例で、家族での初詣も毎年欠かさずいくのだとか。


上白石萌音さんが多くの方から愛されるのは、素敵なご両親がいたからなのでしょうね。

上白石萌音の両親まとめ

上白石萌音さんの両親について調べました。

  • 年齢は、父56歳、母55歳(2021年)
  • 父親は社会科の教師、研究者
  • メキシコの日本学校で教師もしていた
  • 母親は元音楽教師で、現在はピアノ講師
  • 名付けは音楽好きの母親の影響
  • 画家のクロード・モネからも名前をとっている
  • 女優のきっかけも母
  • 両親ともに厳しく教育熱心

上白石萌音さんの現在の人気は、両親からの厳しい教育があったからかもしれませんね。

今後の活躍が楽しみです。


【顔画像】広末涼子の母親眞弓は美人すぎる!年齢や職業、学歴、出身地を徹底追求!


【顔画像】広末涼子の父親忠彦は現在不動産業や雑貨店を経営している!出身大学や年齢が判明!


市村優汰は父が市村正親で母が篠原涼子の二世タレント!両親の七光なのか実力を検証!

目次
閉じる