【知ってた!?】窪田正孝は元アイドルユニットのメンバーだった!活動内容や解散理由が気になる!

窪田正孝さんはドラマや映画など数多くの作品で活躍する俳優さんです。

ネット上では、窪田正孝さんは元アイドルで、アイドルグループに所属していたと言われています。

窪田正孝さんのアイドル時代の画像や活動、解散理由などを調べました。

目次

窪田正孝は元ダンスアイドルユニットのメンバーだった【画像】

窪田正孝さんは現在俳優として活躍していますが、元アイドルだとか。

アイドル時代の窪田正孝さんの画像を集めました。

若くて初々しさがかわいいですね。

現在の窪田正孝さんのたくましい大人の男性の体型ではなくまだ、子供の体型。


顔のパーツは今と変わらず、すでに完成いています。


若い頃の窪田正孝さんもかっこいい!

窪田正孝が所属したアイドルユニットはJamming Flow

窪田正孝さんが所属していたダンスアイドルユニットの名前は、Jamming Flow。

ダンスアイドルユニットJamming Flowの情報をまとめました。

  • 名前:Jamming Flow(ジャミングフロウ)
  • 所属:スターダスト
  • 活動期間:2005年~2006年11月25日
  • メンバー:スターダストに所属する高校生俳優7人(詳しくは下記に記載)


Jamming Flowが結成された当時スターダストは、アイドルビジネスに本腰を入れる前。

アイドルとしてJamming Flowを売り出そうと言うよりは、所属している若手の俳優それぞれを売り出すための手段の一つだったようです。

事務所もメンバーも本気でアイドルとして頑張ろうとはしていなかった印象だと、アイドル誌に書かれいます。

Jamming Flowのメンバー

窪田正孝さんの所属していたJamming Flowのメンバーについて詳しくはこちら!

【オリジナルメンバー4人】

  1. 塩澤英真(ひでまさ)
  2. 松岡佑季:
  3. 加藤康起
  4. 渡部 風(わたなべ ふう)

    【後に加入した3人】
  5. 佐野和真
  6. 窪田正孝
  7. 松島洋平

当時全員がスターダスト所属の高校生俳優でした。


窪田正孝さんはグループのオリジナルメンバーではなく、追加メンバー。

加入当時窪田正孝さんは、線がかなり細く頼りない雰囲気で、ファンの間では期待されていなかったそうですよ。


線が細いイメージだった窪田正孝さんですが、当時から脱いだら筋肉ムキムキのシックスパック!

窪田正孝さんの筋肉について詳しくはこちら↓

【画像】窪田正孝の筋肉は小学生からヤバい!鍛え方が独特で筋トレをしていない噂を調査!

1.塩澤英真(ひでまさ)

  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1986年7月24日生まれ
  • 解散後はフリーで歌手活動

2.松岡佑季

  • 出身地:神奈川県
  • 生年月日:1988年5月31日生まれ
  • 解散後はタレントや歌手活動

2004年から2008年まで、舞台『ミュージカル テニスの王子様』に出演

2016年1月頃にスターダストプロモーションを退所

3.加藤康起

  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1987年7月28日生まれ

2011年3月をもって芸能界を引退

4.渡辺 風

  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1988年11月15日

5.佐野和真

  • 出身地:神奈川県
  • 生年月日:1989年4月28日生まれ

2010年、『音楽人』で初の映画主演

窪田正孝と佐野和真はアイドル時代の元メンバー!解散後もブログ仲間で良きライバル!

6.窪田正孝

  • 出身地:神奈川県
  • 生年月日:1988年8月6日生まれ

7.松島洋平

  • 出身地:北海道
  • 生年月日:1988年3月24日生まれ

2006年にスターダストプロモーションを退所後、5人組男性アイドルグループ『japs』初代メンバーに選出。

現在は、「BIJONAVI株式会社」の代表取締役社長を務めている実業家。


窪田正孝さんが所属していたJamming Flowの情報は、少ないですが以上です。

また新たな情報が入り次第追記います。

窪田正孝のアイドル活動の内容

窪田正孝さんが所属していたアイドルグループJamming Flowの活動内容が気になったので調べました。


Jamming Flowは2005年8月10日に初のワンマンライブ「beat the live」を開催!

ライブを行った詳しい場所はわかりませんが、メンバー7人全員が同じステージで踊れないとの情報があったので、小さめのライブハウスだと考えられます。


最後の曲とアンコールのラスト曲はJamming Flowのオリジナル曲の『POWER OF SMILE』(←表記は想像です)。


ワンマンライブができ、カバー曲だけでなくオリジナルの曲もあるとは当時Jamming Flowは、アイドルとして人気だったようですね。


残念ながらアイドル時代に、窪田正孝さんが歌ったり踊ってる動画は見つかりませんでした。


現在の窪田正孝さんの歌やダンスの実力が確かなので、アイドル時代の窪田正孝さんの歌やダンスも間違いなく上手かったでしょう。

窪田正孝ダンス
https://twitter.com/happyskyhi/status/889833143070367745
窪田正孝歌、「僕たちがやりました」主題歌

歌とダンスが上手すぎてさすが元アイドル!

窪田正孝さんの歌が上手すぎて、歌手デビューして欲しいとの声もあるのだとか。


歌が上手い窪田正孝さんについて詳しくはこちら↓

窪田正孝の歌が上手すぎて歌手デビューしてほしい!優しい歌声に癒される!

またテレビ番組などで窪田正孝さんが踊ったり歌たりする姿を見るのが楽しみです。

窪田正孝のアイドルグループの解散理由

窪田正孝さんが所属していたアイドルグループJamming Flowは2006年11月25日に解散

Jamming Flowがたった1年で解散してしまった理由は、おそらく所属俳優の名前が売れ、アイドルとしての活動の必要性がなくなったから。


前の項でも書きましたが、Jamming Flowは元々アイドルとして売り出す予定はなく、所属する俳優それぞれを売り出すための手段。

所属する俳優の名前が売れそれぞれにファンがついたので、解散し俳優として売り出しをスタートさせたのでしょう。


窪田正孝さんはアイドルグループJamming Flowが解散いた2006年に、フジテレビ系深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で主演に抜擢!


俳優として窪田正孝さんがデビューしたことから、Jamming Flowの解散の理由はやはり、所属俳優を俳優として売り出す準備ができたからだと想像できますね。


窪田正孝がアイドルだった経歴は隠されている

窪田正孝さんがアイドルだった経歴は、公式のプロフィールにもウィキペディアにも載っていません

テレビ番組などで過去の話をする際も、窪田正孝さんはアイドルとしての過去は一切口にせず、徹底的にアイドルとしての経歴を隠しています。


窪田正孝さんがアイドルとしての経歴を徹底的に隠している理由を調べたところ、以下の理由があるとネットでは言われているようです。

  • 顔がいいだけで売れているアイドル俳優だと思われたくない
  • 実力派俳優のイメージで売り出し、他の俳優との差別化をしたい
  • アイドルの過去が恥ずかしく黒歴史

顔ではなく演技で勝負したいという思いが強いのでしょう。

その思い通り、窪田正孝さんはカメレオン俳優としてドラマや映画、舞台に引っ張りだこ!


これからも俳優として大活躍してきそうですね。

窪田正孝がアイドルだった経歴が広まった理由

窪田正孝さんが徹底的にアイドル時代のことを隠していたのに、なぜ元アイドルだと知れ渡ってしまったかというと、きっかけはタレントのすみれさんの結婚報道。

石田純一さんの娘であるタレントのすみれさんが結婚した男性が、過去に窪田正孝さんと同じアイドルグループに所属していたと2021年に報道されました。

「A(結婚相手)にはいまから15年前くらい、『Jamming Flow』という高校生5人で結成されたアイドルグループで活動していた時期があるんです。


実はそのメンバーの中には現在放送中の月9ドラマ『ラジエーションハウスII』で主演を務める俳優・窪田正孝さん(33才)もいた。


窪田さんの公式プロフィールには未掲載で、彼にとっては触れてほしくない“過去”と言えるのかもしれませんが……」

NEWSポストセブンより引用

窪田正孝さんが徹底的に隠していたアイドルとしての過去が簡単に広まってしまうとは、窪田正孝さんは驚いたことでしょう。

窪田正孝は元ダンスアイドルユニットのメンバーまとめ

窪田正孝さんのアイドル時代について調べました。

  • アイドル時代の窪田正孝は初々しくて可愛い
  • 所属していたアイドルグループはJamming Flow
  • 高校生俳優による7人組のダンスユニット
  • 所属している若手の俳優それぞれを売り出すための手段の一つだった
  • Jamming Flowはワンマンライブの経験もあり、オリジナルの曲もあった
  • 元アイドルの経歴は隠したい黒歴史
  • タレントすみれの結婚で元アイドルの過去が広まってしまった

窪田正孝さんはドラマ内で歌ったり踊ったりと、アイドルとしての活動は現在の俳優業にも生きています。

これからも窪田正孝さんが活躍して行くことを応援いています。

目次
閉じる