草野華余子は卓球を音で楽しむ!ラリー音がたまらない試合ベスト2選!

2020年に、大人気アニメ・マンガ
「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」を作曲したことで有名になった
草野華余子さん。

草野華余子さんは、
疲労骨折するくらい真剣に卓球の練習に励むほど、卓球にはまっているそうです。

自らプレーすることはもちろん。
プロの選手の試合観戦も楽しんでいます。

草野華余子さんの卓球観戦は、一風変わったものだそうです。

なんと音で卓球を楽しむとか。

草野華余子さんが、ぜひ聴いてもらいたいと言うラリー音2選を紹介します。

目次

草野華余子は卓球を音で楽しむ!

草野華余子おすすめサウンドはこちら!

力強い重低音響くEDMサウンド

草野華余子さんが、紹介する1つ目のラリー音は、

2019年ITTFワールド・ツアー
プラチナ・中国オープン

水谷隼VSシュシン(中国)

4セット目のラリー音

草野華余子さん曰く、このラリーでは、力強い重低音響くEDMサウンドを楽しめるそうです。

水谷隼選手は、
どんな珠でも打ち返す対応力
粘り強い卓球が武器

シュシン選手は、
フットワークが持ち味
超列なドライブとラリーが武器

水谷隼選手とシュシン選手のラリーでは、
軽いラリー音強烈なドライブ音が繰り出されるそうです。


草野華余子 さんは、
重低音でEDMサウンドっぽいリズム感を楽しめる試合だと語っています。

ドライブは
威力と同時に回転をかけて打つ事で
高音と弱低音が混ざる音がでるそうです。


草野華余子さんは、ボールの撃ち方で出る音が違いや、
ラリーでのリズムを楽しんでいるようです。


まるで、音楽を聴いているかのように
卓球のラリー音を聴いている
のでしょうね。

BPM180超えの高速ロックサウンド

草野華余子さんが、紹介する2つ目のラリー音は、

2019年ITTFワールドツアー
ブルガリアオープン

張本智和VSジャオズーホウ(中国)

草野華余子さん曰く、このラリーでは、 BPM180超えの高速ロックサウンドが楽しめるそうです。

ジャオズーホウ選手は、
2018年初めて国際大会で優勝した選手です。

中国は、
「卓球王国中国」と言われるように、
歴代オリンピックの金メダル37個農地32個を中国が獲得しています。


中国では、国を上げて卓球に取り組んみ
英才教育をしています。

日本もの卓球界も中国に対抗するために、英才教育を始めているようです。


そのため今の卓球は、スピード感が上がった試合が多くなっているそうです。

英才教育世代の張本智和選手と
中国のジャオズーホウ選手の高速ラリー

草野華余子さんは、この2人の高速ラリーを
BPM180超えの高速ロックサウンドと言い音を楽しんでいます。

草野華余子は音で卓球を楽しむ

草野華余子さんが、ぜひ聴いてもらいたいと言うラリー音2選を紹介しました。

いかがでしたか?


作詞作曲家・シンガーソングライターとして活躍する
草野華余子さんらしい卓球の楽しみ方だと感じました。

音楽を楽しむように、卓球の音を楽しむ 草野華余子さん。


これからも、草野華余子さん目線の卓球の魅力を感じてみたくなります。

目次
閉じる