増田貴久のデビューのきっかけがすごい!デビューまでの道のりはシンデレラストーリーって本当!?デビューするまでの経緯を時系列でまとめてみた!

増田貴久さんは、ジャニーズのアイドルグループ・NEWSとして活躍しています。

歌がうまく、ファン思い。
ファンからもの人気も高いです。


増田貴久さんは、ジャニーズJr.時代は落ちこぼれでした

落ちこぼれ組だった増田貴久さんのデビューのきっかけがすごいと噂されています。


NEWSとしてデビューするまでの道のりは、
まるでシンデレラストリーだそうです。



増田貴久さんのデビューまでの経緯を時系列でまとめてみました。

目次

増田貴久のデビューのきっかけがすごい!

増田貴久さんは、現在NEWSのメンバーとして大活躍しています。

歌もうまく、ファン思い。
ファンからの人気も高いです。

今の姿からは想像できませんが、
増田貴久さんのジャニーズJr.時代は、
落ちこぼれ組だったそうです。

ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった
増田貴久さんのデビューのきっかけがすごいと噂されています。

どのようなデビューのきっかけがあったのでしょうか?

増田貴久さんのデビューのきっかけを調べてました。


調べた結果、
増田貴久さんのデビューのきっかけは、
数々の偶然とチャンスの積み重ね

まるでシンデレラストーリーです。

増田貴久さんがデビューするまでのシンデレラストーリー。

気になりますね。

こちらの記事をあわせてお読みください。

増田貴久のデビューまでの道のりはシンデレラストーリーって本当!?

ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった増田貴久さんのデビューのきっかけは、
数々の偶然とチャンスの積み重ね

まるでシンデレラストリーです。


増田貴久さんのデビューまでの道のりは、
どのようなシンデレラストリーだったのでしょうか?


調べた結果、
シンデレラストーリーだとわかるエピソードは3つありました

次の項で詳しく紹介します。

増田貴久のデビューするまでの経緯を時系列でまとめてみた

ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった、
増田貴久さんがデビューするまでの道のりは、まるでシンデレラストーリーです。

増田貴久さんのデビューするまでの経緯を時系列でまとめました。


シンデレラストーリーだと言えるエピソード、3つを順に紹介します。

1. 2001年のPLAYZONEで知り合ったJr.の存在

増田貴久さんのデビューまでの道のりがシンデレラストーリーだと言える1つ目のエピソードは、
2001年のPLAYZONEで知り合ったJr.の存在です。

増田貴久さんは、PLAYZONEで知り合ったJr. から、
「金八先生」のオーディションの存在を知りました


PLAYZONEは、ジャニーさん監修のジャニーズ事務所が行っていたミュージカル作品です。

2001年、ジャニーズJr.時代の増田貴久さんはPLAYZONEに参加しました。

そこで知り合ったJr.から、金八先生のオーディオの存在を知りました。


増田貴久さんは、「自分も受けたい!」と社長に直談判したそうです。

増田貴久さんのこの判断をきっかけに、
見事金八先生のオーディションに合格


ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった増田貴久さんにとって、
2001年のPLAYZONEで知り合ったJr.の存在は、
デビューまでのシンデレラストリーに欠かせない人物です。


もし増田貴久さんに、2001年のPLAYZONEで知り合ったJr.の存在が無かったら、
デビューしていないかもしれませんね。

2. 金八先生の収録でNHKのリハに遅れた

増田貴久さんのデビューまでの道のりがシンデレラストーリーだと言えるー2つ目のエピソードは、
金八先生の収録でNHKのリハに遅れたです。

増田貴久さんは、金八先生の収録でNHKのリハに遅れたことがきっかけで、
大河ドラマのプロデューサーとすれ違いました。
そして、「武蔵」出演が決定



偶然遅れ、偶然にすれ違う。

運命としか言いようがありませんね。


1つ目のエピソードがなければ2つ目も起こらなかった。

ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった増田貴久さんが、デビューするひとつのきっかけにもなった、エピソードです。

3. 事務所で他のJr.とカラオケをしていた

増田貴久さんのデビューまでの道のりがシンデレラストーリーだと言えるー3つ目のエピソードは、
事務所で他のJr.とカラオケをしていたです。

カラオケで増田貴久さんが歌っているのを、たまたま社長が聴いていました

このことをきっかけに、
ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった増田貴久さんはデビューすることが決まりました


増田貴久さんはジャニーズJr.時代、事務所で他のJr.とカラオケをしていたそうです。

それをたまたま社長が聴いて、
「ユーの声、おもしろいよ」
「歌を歌ったほうがいいよ」と歌をほめられたとか。


増田貴久さんは、褒められたことをきっかけに、歌が好きになり練習をするようになったそうです。

そして、同時期に社長に歌の上手さを見込まれていた、ジャニーズJr.時代エリートだった手越祐也さんと一緒に歌うことに

手越祐也さんと一緒に歌っていたことで、
増田貴久さんがNEWSとしてデビューすることも決まったそうです。

事務所で他のJr.とカラオケをしていたことがきっかけになり、増田貴久さんのデビューが決まったようですね。

デビューが決まる。
増田貴久さんの身に起きた、一番のシンデレラエピソードですね。


ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった増田貴久さん。
増田貴久さんのデビューまでの道のりが、
シンデレラストーリーだと言える3つのエピソードを紹介しました。

どのエピソードが欠けても、増田貴久さんの現在の活躍はなかったかもしれませんね。

増田貴久のデビューまでの道のりはシンデレラストーリーだった!

増田貴久さんのデビューのきっかけはすごいですね。

ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった増田貴久さんの、デビューまでの道のりは、
まるでシンデレラストーリー

デビューするまでの道のりがシンデレラストリーだと言えるエピソードは、3つありました。

  1. 2001年のPLAYZONEで知り合ったJr.の存在
  2. 金八先生の収録でNHKのリハに遅れた
  3. 事務所で他のJr.とカラオケをしていた

一つでもかけると、
増田貴久さんは今、デビューしていないかもしれません。


ジャニーズJr.時代落ちこぼれ組だった増田貴久さん。

現在は、NEWSとして大活躍しています。
これからも増田貴久さんが活躍していくことを応援しています。

増田貴久のジャニーズJr時代は落ちこぼれだったって本当?!理不尽な思い出の数々を暴露していた!

増田貴久のジャニーズの同期組は全部で14人!全く同じ日に入所した同期4人との強い絆を感じるエピソードも紹介!

目次
閉じる