中谷美紀の病気「先天性臼蓋骨形成不全」はどんな病気?治療法が気になる!

中谷美紀さんはどの年代の人でも知っているほど活躍している女優さんです。

中谷美紀さんは2021年の「婦人公論」で「先天性臼蓋骨形成不全」だと語っています。

中谷美紀さんの先天性臼蓋骨形成不全とは、どういう病気なのか気になったので調べてみました。

目次

中谷美紀の病気は「先天性臼蓋骨形成不全」

中谷美紀さんは 2021年の「婦人公論」で 先天性臼蓋骨形成不全と言う病気だと語っています


先天性臼蓋骨形成不全のため、中谷美紀さんは股関節の問題を抱えており、痛みで歩行が困難になることもあるのだとか。

中谷美紀の病気「先天性臼蓋骨形成不全」はどんな病気?

中谷美紀さんの病気「先天性臼蓋骨形成不全」はどんな病気なのでしょうか?

調べたところ臼蓋形成不全は、骨盤の形態異常のこと。


骨盤側の臼蓋という部分=屋根の部分が発育不全(形成不全)の状態。

本来あるべき屋根が足りないと言い換えるとわかりやすいですね。

つまり、股関節が不安定な状態!


アジア人、とりわけ日本人に多い病気で、日本の股関節痛の患者様の約8割は、臼蓋形成不全だとか。


中谷美紀さんは先天的ですが、後天的になる場合もあるそうです。

中谷美紀の病気「先天性臼蓋骨形成不全」の症状

中谷美紀さんの病気「先天性臼蓋骨形成不全」の症状は股関節痛。


臼蓋骨形成不全のほとんどの人は、股関節痛を抱え、整形外科でレントゲンを撮って初めて気づくそうです。

幼少期の股関節脱臼の治療経験や親からの指摘がない限り、自覚的に気が付くことは珍しい病気だとか。


中谷美紀さんはも痛みが出てはじめて気づいたのかもしれませんね。

中谷美紀の病気「先天性臼蓋骨形成不全」の治療は?

中谷美紀さんの病気の「先天性臼蓋骨形成不全」は、治ることのない病気です。

臼蓋骨形成不全の主な治療法は、痛みを和らげるもので、以下の2つ。

  • 体重を増やさないこと
  • 股関節周囲の筋力トレーニング

体重を管理することで、股関節にかかる重みが軽くなり、痛みが出にくくなります。

適度な運動は、活動性を上げ痛みを感じないようにする効果があるそうです。

中谷美紀さんも、筋力トレーニングと体重管理で先天性臼蓋骨形成不全と向き合っています。

痛みが強い場合は、消炎鎮痛剤飲み痛みに対処するのだとか。

筋トレや体重管理でも改善がみられない場合は、手術を検討する必要もあるそうですよ。

この先、中谷美紀さんも手術をすることがあるのかもしれません。

中谷美紀「先天性臼蓋骨形成不全」まとめ

中谷美紀さんの病気は 、「先天性臼蓋骨形成不全 」

先天性臼蓋骨形成不全は、

  • 骨盤の形態異常
  • 痛みを感じて初めて気づくことが多い
  • 痛みで歩行が困難になることがある
  • 治ることはない
  • 筋力トレーニングと体重管理
  • ひどい場合は手術をする

中谷美紀さんの病気が悪化せず、これからも活躍し続けることを応援しています。

目次
閉じる