坂口健太郎のデビューきっかけは母親!デビュー前からモデルではなく俳優になりたかった!

坂口健太郎さんは塩系男子でかっこいい見た目で大人気で、モデルや俳優として活躍しています。

坂口健太郎さんが芸能界でデビューしたきっかけは母親だそうです。

坂口健太郎さんのデビューの経緯を調べました。

目次

坂口健太郎のデビューきっかけは母親!

坂口健太郎さんのデビューのきっかけは、母親


坂口健太郎さんの母親は、坂口健太郎さんが役者になりたいと思う前から、「健、この役、やりなよ」と、本を渡たしていたそうです

「演技なんて絶対、できない!」とは思わず、坂口健太郎さんは、だんだん演じること、役者をやってみたいという思いが強くなったとか。

坂口健太郎さんの母親は、元女優

本の中の人物を演じてみなよっという独特な発言は女優ならではの発想ですね。


読書好きの坂口健太郎さんのお母さんの詳しい情報はこちら↓

坂口健太郎の母親は元女優!超絶美人な顔画像や当時の芸名、出演作品を調べてみた

読書好きの母親の影響で演技だけでなく読書にも興味を持ったとか。

坂口健太郎の特技は水の早飲み?!趣味は80年代の洋楽やノンフィクション小説!

坂口健太郎さんは「この役やりなよ」と本を渡されていましたが、直接的に「芝居をやってみれば?」とは言われたことがないと話しています。

坂口健太郎さんの母親は役者になってほしくて本を渡していたのではなく、単に坂口健太郎さんがに似ているキャラクターや演じたら面白そうな役を坂口健太郎さんに話したかっただけなのかもしれません。


元女優の母親の影響で、自然と演じることに興味を持っていき、坂口健太郎さんは俳優になりたいと思ったのでしょう。

坂口健太郎はデビュー前からモデルではなく俳優になりたかった!

坂口健太郎さんは、モデルとしてデビューしましたが元々は俳優になりたかったそうです。

モデルとしてデビューしたのは、役者になる方法がわからなかったから!


坂口健太郎さんは役者のなり方がわからなかったとき、「MEN’S NON-NO」のモデルの募集を知り応募。

阿部寛さん、田辺誠一さん、大沢たかおさんなどの役者さんたちがいた雑誌なのでやってみようと思ったとか。


2010年坂口健太郎さんはオーディションに合格し、メンズファッション雑誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして芸能界デビュー。

当時坂口健太郎さんはアパレルショップでアルバイトをしながら学校へ通う、大学1年生でした。


坂口健太郎さんの大学は東洋大学で、大学1年で中退したとも言われています。
詳しくはこちら↓

坂口健太郎の出身大学は東洋大学?!中退した理由は勉強が好きではないから?

高校までバレーボールをしていたため、坂口健太郎さんは筋肉質でモデルとして活動ために食事制限などをして筋肉を落としてたそうです。

現在は再び筋肉トレにハマり、筋肉がすごい!詳しくはこちら↓

【画像】坂口健太郎の二の腕や胸筋がすごいのは2019年から!快感に目覚め筋トレにハマった!


その後、「塩顔男子」ブームの波に乗り、モデルとして大活躍。

メンズノンノ2014年6月号で専属モデルとして20年ぶりに単独表紙を飾りました。

同じく2014年、映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」のオーディションに合格し俳優デビュー

  • 2015年10月:TBS金曜ドラマ「コウノドリ」で連続ドラマ初出演
  • 2017年:「64-ロクヨン- 前編/後編」で第40回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞


坂口健太郎さんはモデルとしてデビューしましたが、デビュー前からやりたかった俳優としても活躍し、夢が叶ったようですね。

坂口健太郎のデビューきっかけまとめ

坂口健太郎さんのデビューについて調べました。

  • デビューのきっかけは元女優の母親
  • モデルではなく俳優になりたかった

坂口健太郎さんは俳優になりたいという夢が叶ってよかったですね。

これからも俳優として活躍していくことを応援しています。


増田貴久のデビューのきっかけがすごい!デビューまでの道のりはシンデレラストーリーって本当!?デビューするまでの経緯を時系列でまとめてみた!

目次
閉じる