北京オリンピック・高梨沙羅の「スーツ違反」がかわいそう!

高梨沙羅さんはスキージャンプ選手の選手です。

2022年の北京オリンピックで、新種目のジャンプ混合団体に高梨沙羅さんが出場した際、1回目のジャンプで「スーツ違反」になり失格になりました。

太もものサイズが規定より2cm大きいために、「スーツ違反」となり、高梨沙羅さんは泣き崩れてしまったとか。

高梨沙羅さんの「スーツ違反」に対する世間の声を集めました。

目次

北京オリンピック・高梨沙羅の「スーツ違反」がかわいそう!

2022年の北京オリンピック、新種目のジャンプ混合団体で高梨沙羅さんが1回目のジャンプで「スーツ違反」に

世間ではジャンプ後にスーツ違反だとわかったことに対して可愛そうとの声が多くありました。

さらちゃん。
あなたを責める人よりも
あなたを応援している人が
たくさんいます。
大丈夫
https://twitter.com/YuzuJason_Shoma/status/1490687404587421698
1回目終了後にスーツ違反発覚って。。
やる前に教えてあげてよ。。
あまりにも可哀想すぎる
沙羅さん…
スーツ違反で失格??
マジですか?? 可哀想すぎる

跳んだあとにスーツ違反がわかるとは…。

素晴らしいジャンプだっただけにスーツ違反がいたたまれません。

高梨沙羅さんの悔し涙に見ている方も苦しくなりましたね。

北京オリンピック・高梨沙羅の「スーツ違反」原因

北京オリンピックでの高梨沙羅の「スーツ違反」はどうして起こってしまったのでしょうか?

シーズンはじめにサイズを計り提出するので、大会時に誤差が出てしまうからだとか。

許される誤差は2~4cm。
スキージャンプのスーツはボディーのサイズと一致しなければならないそうです。

国際スキー連盟(FIS)の規則では
「直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、最大許容差はスーツのあらゆる部分において、ボディーに対しプラス1センチ~3センチ(女子は同2センチ~4センチ)とする」と決められている。


シーズン初めに計測し、数値を提出するため、体重の変化などで誤差が出てくるケースはある。


そのため「スーツ規定違反」は珍しいことではない

ヤフーニュース

大会前に採寸するのではなくシーズンのはじめに計るんですね!
驚きです。

高梨沙羅さんは体型が変わってしまたことで自分を責めたことでしょう。


しかし、大会時に高梨沙羅さんが着ていたスーツはコーチが大会前に渡したもので、高梨沙羅さんにはなんの落ち度もないとコーチは話しています。


スーツの測定はランダムで行うそうなので、高梨沙羅さんはなおさら悔しかったことでしょうね。

北京オリンピック・高梨沙羅の「スーツ違反」がかわいそうまとめ

北京オリンピック・高梨沙羅の「スーツ違反」が可愛そすぎます。

2回目のジャンプでは高梨沙羅さんは気を取りなおし見事なジャンプし、チームに貢献していましたね。

精神的にショックだった「スーツ違反」も切り替え次のジャンプに挑める高梨沙羅さんはすごいです!

目次
閉じる